天気予報原稿作成の仕事


_MG_0151

気象予報士が、テレビやラジオなどマスコミの現場で行う仕事として、アナウンサーなどが読むための天気予報原稿の作成があります。天気予報原稿は、日々の天気予報だけでなく、台風発生時の台風原稿、気象災害発生時の解説原稿など、多岐に渡ります。これら原稿は、局や番組によりメニューや長さ、締切時間が異なるだけでなく、読み手が誰なのかによって表現を変えないといけません。
そういう意味では、通り一遍の文章が書ければ良いというわけではなく、状況に応じて対応する力、短時間で情報を取捨選択し、編集する力が求められます。
天気予報原稿を書けるようになるためには、これらのことを意識し、日々トレーニングを積んでいく必要があります。
 
気象データ配信の仕事

お天気キャスター・出演解説の仕事

ページのトップへ戻る
気象予報士応援ナビ新規会員登録