お天気キャスター・出演解説の仕事


fukuoka_a

 気象予報士が、テレビやラジオなどマスメディアの現場で行う仕事のうち、広く知られているものは、日々の天気予報を伝えるお天気キャスターや、災害時などの解説者としての出演でしょう。
 
 災害が増えてきている近年は、防災意識の高まりと相まって、大都市のみならず全国の放送局で気象予報士のニーズが大変高まってきており、それに伴いテレビやラジオなどマスメディアの現場での活躍を目指し、気象予報士の資格を取得する人が多くいます。
さらに、喋りのプロであるアナウンサーが、メディアでいっそう役立つ人材になることを目指して、気象予報士の資格を取得するケースも最近は目立ちます。
 
 いずれにせよ、気象予報技術の進化は日進月歩ですから、新しい予報技術や情報を貪欲に掴み・吸収し・使いこなし・正しく伝えられるよう、日々技術を磨いていく姿勢がとても大切です。
 
天気予報原稿作成の仕事

気象データ配信の仕事

ページのトップへ戻る
気象予報士応援ナビ新規会員登録