気象予報士試験について


certificate_top
 気象予報士試験は、8月と1月の年2回行われる国家資格試験です。科目は学科の一般・専門、および実技試験の3科目です。学科試験の2科目はマークシート形式で、実技は記述式です。

 合格率は4~5%と低く、難関資格とも言われていますが、基礎から一つずつきちんと積み上げていけば決して難しい試験ではありません。個人差はありますが、600時間くらいの勉強量が、合格ライン到達までの目安となります。どちらかというと理系よりの試験とも言えますが、暗記や文章力も必要で、全体的なバランスのいい人に向いている試験と言えるでしょう。

 学科の一般は理系色の強い科目ですが、(株)ウェザーマップの気象予報士講座クリアは、難しい数式をほとんど使わずに講義を行うので、文系の人でも無理なくカリキュラムを消化していくことができるので、お勧めのスクールです。

ページのトップへ戻る
気象予報士応援ナビ新規会員登録