予報士のキャリアアップ


career_plans_top
気象予報士は、平成6年に気象業務法の改正自由化により誕生しました。これにより試験に合格した者であれば天気予報を発表することができるようになりました。気象予報士としての活躍シーンは、一般企業や地方自治体での専門家としての活動のほか、気象会社や放送局で天気予報に関わることが挙げられます。

気象会社は、気象庁から許可を受け、気象情報を提供しています。農業や漁業、建築やエネルギー関連など様々な業種に対し、顧客ニーズに合った気象サービスを提供しています。その中で気象予報士が気象のプロとして、コンサルティングや情報提供を行っています。

放送局で働く場合は、天気キャスターとして出演する他、天気予報制作や、天気ニュース原稿を作成したりと、番組制作の裏方としての業務も多くあります。最近はマスコミ報道でも防災を扱う場面が増えてきており、全国的に予報士資格を持ったプロのニーズが高まっています。

気象予報士としてキャリアアップを図るということは、その社会的使命を感じとり、気象情報をどのような場面で、どのように生かしていきたいかを考えることから始まります。そして気象のプロとして、日々の情報収集や分析など、弛まぬ研鑽の姿勢が求められます。

ウェザーマップでは、気象予報士としてのキャリアアップを目指す方のために、今後も気象予報士応援ナビにて、資格取得・就業・キャリアップ支援を続けて参ります。ご興味のある方は下記のバナーリンクよりご登録ください。

ページのトップへ戻る
気象予報士応援ナビ新規会員登録