気象データ配信の仕事


kaihatu_02

 気象会社には、気象庁から日々刻々と気象データが配信されてきます。スーパーコンピューターの計算結果、各地の観測データなど、種類もデータ量も膨大です。それらのデータの多くは特殊なフォーマット(数字)となっていて、目で見てわかる天気予報の形にはなっていません。気象データ配信の仕事とは、その素データをニーズに合わせて整理したり、人の認識できる形に仕上げ、お客様に届けたりするものです。
 数字の羅列に過ぎない無味乾燥のデータに命を吹き込んで、役立つ情報として人に届けるためには、ただデータの意味がわかったり、処理したりできれば良いというわけではありません。
 気象データを扱って処理、配信する者は、システム関連の十分な知識を持つことはもちろんですが、データをどう処理し、どう見せるのが良いのかまでを考え、データを扱う感覚を持つことが必要となります。
 配信されてくるデータの中に、どんな意味を見つけ出して料理していくのが良いのか、日々考えながらデータと向き合う姿勢が求められます。

参考:社員インタビュー:渡邊 正太郎(情報提供事業部・システムエンジニア)
01c95fb67dc19bfee13a95a5c5a7bc99


 
天気予報原稿作成の仕事
お天気キャスター・出演解説の仕事

ページのトップへ戻る
気象予報士応援ナビ新規会員登録