日本一、思いやりのある気象予報士を目指して


(44275)_071

小林正寿(こばやしまさとし)さん(気象予報士)
気象予報士歴はまだ短いものの、情報番組から報道番組までさまざまな経験を積んできた小林さん。
気象予報士になったときから目標としていること、今後やりたいことについても語ってもらった。


中継先から現場の状況を掛け合いで伝える情報番組で鍛えられた最初の2年

―気象キャスターになられてから、どんなお仕事をされてきましたか?

 最初に東京にいた2年間は、出演に加え、アナウンサーやタレントの方が読む原稿の作成、ニュース記事の作成など、さまざまな仕事を経験させていただきました。気象キャスターとして出演したNHK総合『あさイチ』では、天気予報ではなく、紅葉とか花粉とか、月に一度程度、天気に関わるテーマのときに呼んでいただくので、気象予報士試験に出るような天気の知識だけではなく、さまざまな知識が求められました。また、TBS『ひるおび!』では、台風や竜巻等の災害現場、渇水ダム、毒ヒトデが出る海などいろんな現場に出向き、中継先からスタジオにいるMCの恵俊彰さんや大先輩の森朗気象予報士と掛け合いながら現場の状況を伝えることが僕の役目でした。

―生放送で、その場で掛け合いするというのは高度なお仕事ですね。

 1年目のド新人ということもあり、ちんぷんかんぷんな受け答えの連続で、スタジオやスタッフの方々、視聴者の方々にはかなり冷や冷やさせてしまったことも多々あったと思います(苦笑)。皆さんの温かいお心に支えられての中継でした。ウェザーマップに所属する際の面接後に、森田さんが「この業界では反射的に反応できることが大事」と言っていた意味が分かった瞬間でしたね。
(44275)_122


「木を見て森を見ず」近畿地方の予報をするにも、まずは地球規模の大気の状態を把握することから

―現在は関西テレビ『FNNスピーク』にご出演されていますが、一日の流れを教えてください。

 午前中は、お昼の天気予報に出演するので、その準備をして本番に臨みます。午後は、夕方の天気予報に出演される片平さんに必要な情報を伝えたり、記者の方が書いた天気に関する原稿のチェックや、気象データを提供するといった仕事です。また、休日の土日に荒天が予想される時に出勤するのも僕の役目です。防災が僕たち気象予報士の一番の役目ですので、時には睡眠をとらずに働きます。

―全国の天気予報と地方局での天気予報の違いは?

 関西テレビは、放送エリアが近畿二府四県と徳島県に限定されるので、全国を対象とした天気予報よりも絞ってお伝えできるので、より詳細な天気解説が可能となります。でも、だからと言って、放送エリア以外の天気を把握しなくてよいというわけではありません。天気予報をするときには、まず地球規模の大気の状態を把握することが第一歩なので、作業はそこから。地球全体を見渡してみて、その次に日本の近くはどうかな?日本はどうかな?近畿はどうかな?……といった具合に次第に範囲を絞っていって予報をしていきます。野球をやっているときに学んだ、「木を見て森を見ず」がこの仕事でも活きていますね。
(44275)_097


みなさんの心に寄り添える「日本一、思いやりのある気象予報士」になりたい

―小林さんが気象予報士を始めたときからの目標である『日本一、思いやりのある気象予報士』とは?

 視聴者の方は、老若男女、海外出身の方、見ることや聴くことが得意でない方、デートを楽しみにしている方、マラソン大会を控えている方など、本当にさまざまです。その方々が、晴れるとどう思うのか、雨が降るとどうなってしまうのか。大雨の時などは、崖や川の近くに住んでいる人は、いつどのような行動をとれば災害から身を守ることができるのか。ただ晴れとか雨とか予報するだけでなく、一人ひとりの置かれた状況を想像できる、皆さんの心に寄り添える気象予報士になれたらと思っています。また、『ユーティリティー気象予報士』も目指しています!
(44275)_114
―『ユーティリティー気象予報士』とは具体的にはどういうことですか?

 例えば野球では、レギュラーメンバーは9人ですが、レギュラーではないけれどどうしてもベンチに置いておきたい選手っていますよね。そういう選手って、どのポジションでも守れるいわゆるユーティリティープレイヤーが多いと思うんです。僕も、原稿業務もサポート業務もできる、報道番組でも情報番組でも解説が出来る、天気業界のユーティリティープレイヤーになれればと思い、日々勉強の毎日です。


(44275)_091

小林正寿(こばやし まさとし)さん

茨城県出身。気象予報士を目指したきっかけは、野球部に所属していた中学生時代、とある冬の練習日。テレビで見た雪予報を部員に伝えたところ、予報が外れ、その日は晴れ。それ以来あだ名は『デマ』。自ら予報したいという思いが強くなり、専修大学卒業後、2012年に気象予報士となる。2013年からウェザーマップに所属し、お天気キャスターとして、「TBSニュースバード」や「ひるおび!」などに出演。目標は、日本一思いやりのある気象予報士。

ページのトップへ戻る
気象予報士応援ナビ新規会員登録